事業計画書の売上予測をデーターから作成する方法

データーから作成すれば集客数も分かり、現実的な数字から融資に説得力を持たせる予測を作成できます。

事業計画書の売上予測をデーターから作成する方法

記事の内容

予測を作成する際の重要な4つの知識

データーの見方や実例、データーから表作成の手順、手順を見ながら実際に作成します

現実的な予測の作成の方法。上手く作成するためのコツ

有益な有料NOTE3000円の解説。

これらを解説します

データーに関する注意

データーに関しては記事にリンクを貼る、資料をダウンロード出来るように設定する、これらのやり方を禁止されてしまい載せることができません。

許可をもらおうと交渉したのですが駄目でした。

なのでデーターは有料NOTEからすべての業種をダウンロードできるようにしました。ご理解ください。

売上予測って作成できるの?

売上予測に悩んでいませんか?
どうやって作ればよいのか?
何を根拠に作成すればいいのか?

私も同様に苦しんだことがあります。でも安心してください。

売上予測は素人でも作成することが出来ます

諦めてはいけません。この記事にたどり着いたのであれば、必ず作成できると約束します

代行プロでも知らない作成方法を解説します

まず予測を作成するためのポイントを知ることが必要です。知ると知らないでは大きく差がでます。

作成するための4つのポイント

これらの情報は日本政策金融公庫で実際に融資をしていた融資部長からの情報提供です。

1年以内の黒字を目指す

融資者は1年以内で黒字にならないと、何が原因で売り上げが立たないのかブラッシュアップや根本的な原因の要点をあげるように要求してきます

そうでないとお金を借りることが難しくなります。というよりも融資者は1年以内の見込みがなければ貸してくれません。

必ず1年以内の黒字にしてください

顧客の見込み数

取扱商品・サービスが複数ある場合は、それぞれ個別に単価と客数を予測して算出します。 売上高の予測は、自分の起業を客観的に判断するプロセスになります。

業者業態を問わず、客観数の視点を盛り込んだ説得力ある予測を示せるのは

客単価×客数です

業種ごとの算出方法を紹介します。

業種ごとの算出方法

固定費はしっかり算出する(超重要)

固定費というのは毎月かかる費用です。売上はこの固定費プラス利益ありきの作成なので、固定費を上回る利益が出ていないと話になりません。

しっかりした固定費を算出しておきましょう。

重要
この固定費の数字を使って売上予測を作成します。かなり重要なポイントになるので必ず数字を算出してください。そうでないと予測そのものが作れなくなります

客単価の目安が分かるようになる

例えば、1ヶ月の固定費が50万。土日休みの20日出勤だとします

単純に計算して50÷20=2.5なので1日2万5千円は売上げないと赤字になります

1人頭の単価を1000円の消費だとしても25人は必要となります。

25人がきついようだと単価を1500円にすれば16人で済みます

これは極端な例ですが、このように売上予測の数字を先に知っておくと、どれぐらいの客数と単価が必要になるのか分かるようになります。

実際データーを使った表を見てみましょう。

データーから表を作成する

総売上総利益率は、総売上高に占める売上高の割合が何%です、という意味です。 これらのデーターから表を作成します。

売上総利益とは売上高から売上原価を引いた差額の事を言います。
(売上高-売上原価=売上総利益 )

この売上高総利益率というのは、融資者が特に注目する数字です。つまりこの売上予測は、融資者が特に重要視する数字を使って納得させるように作成しているのです。

では、作成方法を説明するので本格的に作っていきましょう。

実際に作ってみよう

固定費の一部を計算に使う

計算に使う費用は、固定費(維持費)、経営者の給料、返済元金の3つです。

全部足した数字を0.6で割った数字が売上高になります。

手順を説明するのでやってみましょう。一番多い売上原価の作成方法を作ってみましょう。

売上原価の表を作成

この表で行くと売上高総利益率は64.2です。100-64.2=35.8なので原価率は35.8%になります。

まず売上高を算出します。
固定費(維持費)、経営者の給料、返済元金の3つを足して50万だとします。

50÷0.6=83 売上高は83万必要となります。

次に原価の数字を算出します。

1-(原価率÷100) を分母として使います。
35.8÷100=0.358
1-0.358=0.642
売上高83万を計算に含めます。
83÷0.642=129万
売上原価がある事業の場合は、売上高が129万は必要になります。

売上原価は129万に原価率35.8%をかけます。
129×0.358=46
売上原価46となります。

初月売上高は129万、売上原価は-46に設定し、好きな成長率で毎月の売上と原価を考え入力すればOKです。

作成のコツ

売上高経常利益率の上方信頼限界と下方信頼限界の数字をみてください。この数字を目安にして数字の調節をします。

割り出し方は、(売上総利益-総費用)÷売上高×100で割り出すことが出来ます。例でいきましょう。

1年間の総売上高が2000
1年間の売上総利益が1000
1年間の総費用が950だとします。

1000-950=50、50÷2000×100=2.5
上方信頼2.5%となります。

データーでは5.8%となっているので2.5%は程よい感じと言えます。

調節をするなら上方信頼限界より少し下を狙うといいでしょう。事業の種類にもよりますが、極端にならないようにしてください

信頼限界の数字を見ながら調節すればリアルな予測を作り出せるのです

これらの計算はかなり面倒くさいです。信頼限界をみて作るなら、自動作成ツールを使えば瞬時に作成できます。

自動作成ツール

売上予測の自動作成ツールで瞬時に作成し、変更も思いのままです。
売上高、売上原価、諸費用、信頼限界度の調整が瞬時に作成できます

たった3つの数字を入力するだけで表は完成します初心者でもExcelを知らない人でも全く問題ありません

作成スピードが劇的に変わり様々なことが便利になります

  • 予測の良い時、悪い時、普通の時の3パターンを瞬時に作成
  • 売上高、売上原価、諸費用を変更しても瞬時に計算
  • 信頼限界の調節が一瞬でできるので、リアルな予測を瞬時に作成できる
  • 信頼限界の数字を参考にして予測表を自由自在に変更できる

信頼限界度の調節はすぐできます。

売上高の成長スピードも、おかしなことにならないように調整していますが、3パターンほど用意しています(動画では1つのみ)

GO to NOTE

購入3000円のメリット

自動作成ツール

これは上記で説明した通りです。

融資のポイント

融資してもらえる割合がわかるので、自己資金をどれぐらい貯めればいいか分かるようになります。

面接は1発勝負です。落ちれば半年後に再チャレンジとなります

実際、融資以外の理由で落とされたケースもあるようです。それに対する対策を購入者だけに教えます

簡潔な計画書の書き方

事業計画書をまとめる際に気を付けることや、他の事業計画書の資料を公開

分厚い計画書を持って行ってもあまり意味がありません。コンパクトにまとめる理由と対策を書いています

皆さんが知らない会計知識

開業する際、知っておいて損はない知識。独立しようと考えている人は必見です(ほとんどの方が知りません)

これは会計知識なので皆さんは知らなくて当然です。ですが知っておくと赤字対策や税金対策ができます。

ゼロ歳企業などは、本当にありがたい対策であり、むしろその方法で利益も上げれます

費用の裏技

データーから更に費用面での数字を読み解き、自分の費用計上は実際多いのか少ないのか、を分析して割り出すテクニックも教えます

データーから費用数字を読み解くテクニックはとても重要で、事業立ち上げ間もない時は費用を抑えて経営をしますが、軌道に乗り成長期に入ると、投資が必要になり、費用はもちろん拡大していきます

平均費用の割り出し方をわかっておけば、その数字を目安に費用の調節が出来るので対策が打てるようになります

代行プロの相場は?

相場は約3万〜5万円です。中には10万円もあります

ですが売上予測に関しては、自分で入力とか、要相談とか、過去の売上から算出する、など書かれていて結局自分で何とかしないといけません。

私のサービスはこんなインチキとは違います。売上予測の作り方など、かなり有益な情報だと思います。

膨大な労力と時間を浪費して作成した私の提供価格はたったの3000円です。

しっかりサポートします

解説通りに作成すれば1時間もかからず出来ますが、作成出来なかった場合はメールにてしっかりサポートします。

作成において何か問題が出た場合はExcel作成をサポートします。

購入後の文末にメール宛を載せておきます。Excelは2016版です。

購入することで得られる利点や省ける手間があるなら 購入費用はただも同然です。

いつ削除要請が来るかわかりません、購入は早めにお願いします。

追伸

作成過程において修正や調整は、ものすごい精神や労力を削ります。何か予測に問題があっても修正は一瞬で完了します自動作成ツールは大幅な時間削減ができ時間を確保してくれます。購入メリットは今後のあなたの行動を大きく変えるほど有益な情報を提供します

GO to NOTE

ABOUTこの記事をかいた人

ビジネス、経済、心理学、英語、プログラミング、簿記3級、起業、教養、事業、洋楽、ドラムなど勉強と資格と知識の特化型ブログを発信中。ブログに関してはまだ始めたばかりの初心者です。 人生を変えたいと思う全ての方へ捧ぐブログです