雇用に関する社会保険や労働保険の内容

いざ雇用する時に保険を知らないと困ります。保険の種類、規定や条件に関する重要保険2つを紹介します

雇用に関する社会保険や労働保険の内容

記事の内容
会社が人を雇用する場合、様々な決まりやコスト負担があります。知っておかないと損したり、罰金を払ったりとよくありません。雇用の事について学んでおきましょう

法定福利費の計算など合わせて覚えましょう

一般的な社会保険

大きく分けて2種類の保険になります
この2つに接点を当ててみていきましょう

1.社会保険

  • 健康保険
  • 厚生年金保険
  • 介護保険

2.労働保険

  • 雇用保険
  • 労災保険

この5つの保険を、見ていきましょう

1.社会保険

社会保険は簡単に言うと

社会生活上のリスクを保証する保険

健康保険、厚生年金保険、介護保険の3つです

健康保険

健康保険とは、生活を守る保険制度です
病気やケガによる自己負担が軽減され、出産育児に対して一時金が支給されます

会社員が加入対象となり、企業と本人の折半によって保険料の支払いを行います
病気やケガによる医療費が発生した場合、一般的な自己負担額は3割です

主に2つの保険があり、社会保険と国民健康保険です

社会保険

社会保険は、会社から給料をもらっている人が加入する保険制度です

  • 会社に属している会社員
  • 支払は協会けんぽ、社会保険組合
  • 年齢や収入などで算出
  • 親族を扶養することができ、何人いても一定の保険料
  • 労働者と会社で保険料を折半
  • 国民健康保険より大きな額を行政に支払っている

扶養
被保険者の収入で生活する家族は、健康保険の給付を受けとれます
家族なら必ず入れるわけではありません。法律により条件があります
詳しくは被扶養者の認定基準で確認してください

国民健康保険

個人事業主や自営業の方が当てはまります
病気やケガ、死亡や出産時に、医療費が保険料から支払れる制度です

  • 個人事業主や保険制度に属さない人
  • 支払は市区町村役場の国民健康保険窓口
  • 世帯数や加入者の数、年齢や収入で算出
  • 扶養という概念は無く、加入者数により保険料が変化する

厚生年金保険

公的年金制度の一つです
老後のために備える積み立てであり、必要不可欠な社会保険制度です
病気やケガによる後遺症や、保険給付者、及び被保険者が亡くなった遺族に給付されます

主に企業に勤める会社員や公務員の方が加入する保険です
厚生年金は基礎年金に上乗せして受け取れます

被保険者

他人に雇われ賃金を受け取っている労働者側の事

公的年金制度

誰にでも必ず訪れる老後生活を安心して過ごせるように作られた制度です

20才になると加入が義務付けられ、保険料を納付します
納付することで保険料を老後受け取ることができます

この制度自体を基礎年金といいます

  1. 自営業者や学生、専業主婦は国民年金に加入します
  2. 会社員や公務員は、国民年金と厚生年金の2つに加入します

介護保険

介護を必要とする人が、補助やサービスを受けられるように国民全体で支えていく保険です

一世帯での介護には限界があり、介護側と介護を受ける側に安心してサポートが受けられる社会を目指した制度です
40歳以上になると介護保険支払義務が生じます

2.労働保険

労働保険は簡単言うと

労働上のリスクを保証する社会保険

雇用保険、労災保険の2つです

雇用保険

従業員の雇用の安定を目的として作られた保険制度です

  1. 育児休暇や介護の面で収入などが少なくなる方
  2. 失業や雇用継続が困難な方
  3. 生活支援や再就職支援が必要な方
  4. 定年再就職者が低い賃金でも継続して就労する方

これらの方に給付金で支援する制度です
育児手当も雇用保険にあてはまります

労災保険

労働者が業務や通勤などで負傷、病気、障害、死亡した場合に
労働者やその遺族を守るために給付を行う保険制度です

労働者であれば、アルバイト、パート、日雇労働者、派遣労働者でも適用されます
個人や法人に関係なく一人でも雇入れたら労働保険に加入となります

労災保険の負担

  1. 会社側の全額負担(建設業の場合はゼネコン側の負担)
    労働者は一切の負担を負わない(何かあってもお金の負担は発生しない)
  2. 労災保険率は事業の種類により賃金総額の0.25%~88%までに分類(飲食や小売りは0.35%)

個人経営の農業や水産業は一部の例外を除きます
例外に関しての詳細は農業者の特別加入制度を参照にしてください

労災保険の対象者

  1. 31日以上の雇用見込みがあること
  2. 1週間の所定労働時間が20時間以上あるもの
  3. 昼間の学生や75歳以上で雇用される場合は加入しなくてよい

学生、雇用期間が1年未満、75歳以上の方は対象外です
労働災害の隠ぺいは犯罪となります

それでは各保険の適用事業をみていきます

社会保障の適用事業

適用事業所とは、健康保険の適用を受ける事業所のこと
強制適用と任意適用があり、法律によって加入が義務づけられています

個人事業主の場合

サービス業以外の5人以上雇用する場合は強制適用

法人事業所の場合

規模を問わず強制適用

強制適用事業所

法人や5人以上の従業員雇用の場合は、法律で健康保険と厚生年金保険の強制加入が義務付けられています
以下の事業所で5人以上は適用されます

  • 製造業
  • 土木建築業
  • 鉱業
  • 電気ガス事業
  • 運送業
  • 清掃業
  • 物品販売業
  • 金融保険業
  • 保管賃貸業
  • 媒介周旋業
  • 集金案内広告業
  • 教育研究調査業
  • 医療保健業
  • 通信報道業

ほとんどの事業は適用だと思えばいいですね

任意適用事業所

5人未満の個人事業主です
健康保険か厚生年金保険のどちらかに加入することもできます
ただし例外があり、以下の事業は任意適用になりません

  • 農林水産業
  • 飲食業
  • 旅館や宿泊施設
  • 理美容業や個人サービス業
  • 映画や娯楽業
  • 弁護士や会計士事務所などのサービス業

最後に会社側と労働者側の保険の割合計算を見ていきましょう

保険とその他の算出方法

標準報酬月額、または標準賞与額に約16〜18%を掛け算すれば算出できます

会社負担は
健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険の4つです

給料額は25万円を対象にしています

健康保険料率

都道府県によって保険料率が異なります
東京都だと9.90%
例えば月給25万×0.0990=24750円
保険料24750円

算出した額を半分で割った金額が自己負担です
あと半分が会社負担になります
各都道府県の保険料率を見てください

厚生年金保険料

18.3%(一般の被保険者)
給料が25〜27万は26万になります
26万×0.183=47580円
厚生年金保険料=47580円

算出した額を半分で割った金額が自己負担です
あと半分が会社負担になります
厚生年金保険額表を見てください

介護保険料

1.57%です
25万×0.0157=円
介護保険料3925円

算出した額を半分で割った金額が自己負担です
あと半分が会社負担になります
介護保険料表を見てください

ただし対象者は40歳以上の労働者です

平成30年雇用保険料

平成29年雇用保険料と同じです

3/1000=0.3% となり
11/1000=1.1%と考えればいいでしょう

例えば月給25万とします
一般事業者なので0.3%です
労働者負担25万×0.003=750円
会社負担 25万×0.006=1500円

詳しくは厚生労働省のHPで確認してください
各年度の雇用保険料率を見てください

労働保険料

上記でも書きましたが0.25%~88%までです
(卸、小売、飲食は3.5%)飲食関係が多いので0.035で計算します
25万×0.035=8750円
詳しくは労災保険率表で利率を確認することができます

児童手当拠出金

厚⽣年⾦保険の被保険者を使⽤する事業主の⽅は、児童⼿当等の⽀給に要する費⽤の一部として⼦どもや⼦育て拠出⾦を全額負担していただくことになります

平成30年4月の改正でさらに引き上げとなり、0.29%に改定されました

月給25万の方は26万×0.29%となります
26万×0.0029=754円
厚⽣年⾦保険料額表
25万は24万~26万の対象になり、26万での計算となります

費用負担

会社と従業員が負担を半分ずつなので
健康保険料24750+厚生年金保険47580介護保険3925=76255を半分づつ負担で38127円となります

会社側負担
38127+雇用保険1500+労災保険8750+児童手当拠出金754=49131

労働者負担
38127+雇用保険754=38881

給料25万に対して会社から他の手当てがつくので、正式な数字は分かりませんが
仮に給料25万なら、約15%をかければ算出できます

会社側負担は
15%にさらに交通費が加算されます
なので16%~18%が会社負担と考えて算出した方が良いでしょう

この負担を法定福利費といいます

まとめ

今回は起業時の雇用に接点を向けています
この保険は、ごく一部であり、広い視野で見ると多くあります

もし、調べたいことがあれば全国健康保険協会で要点を絞っていくといいでしょう

次のステージへ

事業計画書の売上予測はデーターから割出します

2018年7月26日

ABOUTこの記事をかいた人

ビジネス、経済、心理学、英語、プログラミング、簿記3級、起業、教養、事業、洋楽、ドラムなど勉強と資格と知識の特化型ブログを発信中。ブログに関してはまだ始めたばかりの初心者です。 人生を変えたいと思う全ての方へ捧ぐブログです