ビジネスコミュニケーションから信頼関係を築く手法

ビジネスコミュニケーションから相手との程よい距離感や信頼関係など、様々な角度から構築手段を学んでいきます

ビジネスコミュニケーションから信頼関係を築く手法

記事の内容
ビジネスコミュニケーションは自分のビジネスを有利にするための手法です

人間関係の中で上手く立ち回り、目的を達成するためにどのような行動をとればよいのか、相手を上手くコントロールし自分の立ち位置を確保しましょう

コミュニケーションとは

社会生活において知覚、感情、思考を相手に伝える手法である

言葉だけではなく視覚や聴覚にも訴えること

コミュニケーションする上で大事なことは、心を開き相手の立場に立ち、目を見て話す。そして言葉と態度で表現する

コツとしては、言葉の強弱や抑揚が効果的です

コミュニケーションの基本的なことが分かったところで、ビジネスコミュニケーションにいきましょう

ビジネスコミュニケーションとは

自分の考えに納得してもらい、相手を自分の思うように動かし、よりよい成果につなげることです

論理的なメッセージを送り、相手を納得させることが重要です

ビジネスコミュニケーションとはビジネスの原点である

セルフチェックをやってみよう

セルフチェックとは、自分のコミュニケーションを見直すことです

  1. 話しやすいタイプであるか
  2. 独りよがりな話し方をしていないか
  3. 適切な言葉使いができているか
重要
相手に対する心遣いや気働きが出来ること

ビジネスコミュニケーションを成功させるコツ

表現に注意し、摩擦をなくすこと。相手の心の動きを読むこと

状況を察知し素早く対応する。思い込みなどを排除すること

自分中心ではなく、相手中心に考えること

重要
ビジネスは外見より、心配りで差がつきます

コミュニケーションの具体的な手法を学んだところで更に、成果を上げるために傾聴を学んでいきましょう

傾聴とは何か

カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーションスキルの一つです

より深く相手の話を聞き、耳を傾け、共感的な態度で真摯に聞く技法である

傾聴のメリットとは

相手との話が苦手な方もいます。ですが傾聴のストレスがコントロールできるようになれば、メリットも出てきます

  • 緊張せずリラックスして相手と関われるようになる
  • 相手の気持ちが分かるようになり、信頼関係が出来る
  • 質問力がつき、客観視できるようになる
  • 感情をくみ取るため、ストレスなど軽減される

傾聴が出来るようになると自己表現が出来るようになります。ですが傾聴もいい事ばかりではありません

注意点も知っておきましょう

傾聴の注意点も知っておく

  1. 相手の話を遮らない
  2. 相手の話を盗まない
  3. 相手の話を否定しない
  4. 相手の話の腰を折らない

話を聞いたり、会話をしていると上記のような行動を取る方を見たことがあると思います

やっぱり気分の良いものではないですし、信頼関係は築けません。中には素でやっている方もいます

自分のトークスタイルを見直すために傾聴3つのスキルを身に付けましょう

傾聴3つのスキル

  • うなずき
  • アイコンタクト
  • 言い換え

傾聴スキル1

ちゃんとうなずき、聞こえている意思表示をする

話の内容により、うなずきのパターンを変えることで相手からの信頼が上がります

傾聴スキル2

アイコンタクトは相手の話す気持ちが伝わっているという意思表示

アイコンタクトがないと相手は理解しているのかどうか疑問に思ってしまう

傾聴スキル3

言い換えとは、相手の話をまとめて要約すること

相手は理解していると確認するので、お互いの意思疎通ができるようになる

もう1つのコーチングも見ておきましょう

コーチングとは何か

相手の心の中に隠れているものであったり、潜在しているものを顕在化させることをコーチングという

顕在化とはハッキリとした形で存在することを言います

スポーツなどでよく見る光景で戦略や指導、話す相手その者に自ら気付かせることが目的としている

そのために傾聴というスキルが重要になってくるのです

これまでコミュニケーションスキルと傾聴は相手との対話がメインでした。今度はお互いが敬意を持って自己表現する手法を学んでいこう

アサーションとは何か

アサーションとは、人は誰でも自分の意見や主張を表明する権利があるという立場に基づく適切な自己主張を指さします。

自分の主張を押し付けることも、一方的に我慢することもなく、お互いを尊重しながら率直な自己表現をすることである

アサーション表現

人は皆考え方が違うものです。自分の考えや感じ方は自由に表現してもいい。

立場や能力を超え、人は皆対等である

相手に「NO」といっても信頼関係は維持できる対話が理想。相手に敬意をもって話すことが何よりも大切

アサーション表現が出来ず信頼関係が構築できないのであれば、何か原因があるのかもしれません。原因を探ってみましょう

アサーションが出来ていない原因

  • 自分の気持ちが十分に把握できていない
  • 周りからの評価や結果を気にしすぎている
  • 非言語的表現が、使用する言語と矛盾している
  • 相手を大切にしたり、相手からも大切にされていない

よくコミュ症という表現を聞きます。もしあなたが人と話すことが苦手ならばアサーションを試すのもありだと思います

相手に対して敬意を払う、相手を尊重する態度というのは相手に見抜かれます。気持ちから接していくことが大事です

アサーションの解決策も見ておきましょう

アサーションを解決する

  • 客観的・具体的な事実、特定の事柄や言語そのものを描写してみる
  • 相手に望む行動や妥協案、解決策などについて、より具体的で現実的な提案をしてみる
  • あらゆる結果を想定し、具体的、現実的で実現可能な行動案の選択肢を示してみる

ほんの一例ですが、人は感情のある生き物です。相手に合わせた対策をやってみることをお勧めします

信頼関係を構築する手法を紹介してきましたが更にハイレベルな人を動かす手法について学びましょう

人を動かすプロセス

信頼関係を構築できたら今度は、自分の思うように人を動かしてみましょう。悪い意味ではなく、自分のプロジェクトや計画、目的を達成させる手段として考えましょう

では、2段階に分けて説明していきます。信頼を築くコミュニケーションから、相手が動きやすくなるコミュニケーションに移ります

信頼関係を築くコミュニケーション

  • 相手の話をまずはよく聞く
    自分の知らない相手の抱えている事情に気づき、一方的な押しつけや誤解を避け、相手が大事にしていることに触れる
  • 相手の状態に合わせる
    相手の声のトーンや口調、言葉遣い、姿勢などを、さりげなく真似てみる(ミラーリング)相手の話すリズムやスピードや呼吸を合わせてみる
  • 相手の期待を上回る
    約束した納期よりも早く、数量も多く、約束したクオリティより高いものを届けてみる。相手には、自分と付き合うことは利益がある。もしくは自分と付き合うと快適であると思わせる

上記の内容を実行してみましょう。経験から言えますが、ほとんどの方とこのやり方で信頼関係を構築できます

そのかわり相手の信頼を得るには、自分が先に負担を背負うことです

言葉だけではなく、頑張っている自分の姿に共感してくれます。行動で示すことが大事です

相手を動きやすくするコミュニケーション

  • まずは小さなことから巻き込む
    より簡単なことや時間とお金がかからないこと、負担の少ないことを相手に頼む。一緒に作業した経験により一体感や仲間意識が芽生えれば、より難易度が高いことや負担が多い ことを頼めるようになる
  • 対比の法則を効果的に使う
    二者択一にすると、人はより負担の低い方を選ぼうとする傾向がある。それを利用し、相手の負担が少ないように誘導する。今度は自分の番だと思わせれば負担を背負ってくれるようになる
  • 具体的な報告がしやすい情報を提供する
    背景や経緯、より具体的な情報を与えるほど説得力が増し、自分の命令に従うようになってくる。あえて現場の状況などを見て報告しやすい情報をそろえておく
  • 必要な人だと思わせる
    大事な仕事や話を限定した人だけに絞ることにより、相手は自分だけには特別なんだと思わせることが出来る。壁が無くなり、動かすことが出来る

コツとしては肯定的な表現を使い、相手のプラス面をとりあげる。きっかけを与えて決断を促し、相手の負担を軽くし見通しを伝える

重要
相手の負担を軽くし、相手の恩義を買うことが大事である

まとめ

ビジネスコミュニケーションを成功させるためには、相手への「心遣い」「気働き」が必要である

傾聴は相手の自発性を大切にしたコミュニケーションの手法である

アサーションとはより良い人間関係を築くためのコミュニケーションツールである

人を動かすためには、信頼関係を築き、相手の負担を減らす様々な工夫を施す必要がある

ABOUTこの記事をかいた人

ビジネス、経済、心理学、英語、プログラミング、簿記3級、起業、教養、事業、洋楽、ドラムなど勉強と資格と知識の特化型ブログを発信中。ブログに関してはまだ始めたばかりの初心者です。 人生を変えたいと思う全ての方へ捧ぐブログです